プラ極・勘助欲しさにやっちまったぜ金クジ10枚><;

最強の加勢部隊を作る!

最強の加勢部隊を作る! 必要スキルは【空蝉】と【一文銭】、そして……

という記事を昨日、投下したところ、【レトさん】より次のようなご意見を頂戴いたしまして。

一休さんは現在の盟主戦を知らなすぎる
今 盟主加勢に必要なのは石田・山中模範部隊に対抗できる防火力+多同盟共闘による多合流をしのぐ耐久力です
北条、三好(新天)が有効なのはもちろんですが、さらに加勢部隊に追加するスキルはなんといっても
常勝の采配(朝倉宗滴)、不死鳥(小田氏治)です。空蝉ではもう防ぎきれんのですよ~

むむむー!
【鉄砲商人】を付けても【空蝉】と【一文銭】では弱いすか><;

いや、もとより【掃天】とか他のSランクスキルは付けられないので、「できる限り最強の加勢部隊を作る!」というタイトルにしておけば良かったっすね……というような単純なものでもなく、【常勝の采配】と【不死鳥】でしたら、トライできないこともないんすな。

スポンサーリンク

特に気になったのは【不死鳥】です。
当サイトの【防御スキル一覧】から引用いたしますと……。

特・小田氏治
防壁破り
器破壊
16-C×5
堅陣斉射
弓砲防
25-35
謀計奇策
砲器防
35-35
不死鳥
槍砲器防
37-34
※武将ダメージ6%減
火縄剛撃陣
砲器防
20-45

不死鳥【槍砲器防】で【37-34】の数値は飛び抜けた実力とは言えないものの、【武将ダメージを6%軽減】で、しかも【重複4つまで】とあり、なるほどこれが全員に備わっていれば最大で24%、期待値では18%ぐらいのHP軽減が望めるワケです。

それなら剥がれるのが一段階ぐらい遅くなるかもしれません。いやぁ、欲しいw

なお【常勝の采配】ですと、【槍馬器防 38-0.7%×防武将数】となります。
そこで気になってくるのは新14章での加勢上限数ですね。公式サイトの案内ページを見ますと

表を見ている限り、100武将ぐらいがオーソドックスな数字になるんでしょうか?
それとも140武将とか160武将というところまで来そうなもんなんすかね。教えてエロい人(*´Д`)ハァハァ

いずれによ今後の主力防御武将に【体力温存】あるいは【武将数依存のスキル】が必要な状況は、重々承知いたしました。

ただ、やっぱり素材が高い!
朝倉宗滴さんも小田氏治さんも数十万単位が相場のご様子。需給バランスが未だ偏りがあるのでしょう。
【常勝の采配】ですと【槍馬器防 38-0.7%×防武将数】だから100武将で【38-70】の数値になります。これならコスパを考えて、まだ【一文銭】のほうが有用な気もします。

しかし、上限が120武将となりますと実に84の上昇値となり、同じく140武将で98UP、160武将で112UPという、カオスな状態に。
うーむ、狙うべきか……。

とかなんとか悩んでいたら、ふとこんな方が気になっちゃいまして。

プラ極・山本勘助
馬砲連撃
馬砲攻
30-20
啄木鳥
弓馬攻
20-20-5
常勝の采配
槍馬器防
38-0.7%×防武将数
道鬼流兵法
槍馬器防
36-1.4%×防武将数
不明
0-0

勘助さんの初期スキル【道鬼流兵法】はスペックが【槍馬器防 36-1.4%×防武将数】と、天様には及ばないものの相当な威力があります。今井さんと組ませるには最適でしょう。

てなこと考えていたら、指が止まらず金クジ10枚叩いてしまいましたので早速ご報告と参ります!

大当たり、来いやぁああああああああああああああああああああああああああああああ!セイッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁまぁ、良し! はい、次っ!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

むむー><;

まだまだぁあああああ、セイッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

やばい。ハズレ上武将が来た。やめるべきか……セイッ!

 

 

 

 

 

 

 

きっつい><;

もう、ここは絶対にやめる場面です。しかし……。

スポンサーリンク

愛しの勘助を加勢部隊に入れる妄想を抱くと、もはや止まらず、残り6枚続けてご報告します、セイセイッ!

 

4 Comments

さとみん

一休さんと同鯖同国民です!
他の方のコメントの通り、不死鳥に関してはHPダメージ減少は自部隊だけなのであまり意味はないと思います。
うちの同盟でも以前極小田さんを盟主戦で実戦投入した方が一人いるんですが、結局みんなが剥がれた時に一人だけ生き残っちゃって、後続の合流をたった一人で受ける羽目になって兵は全滅して負け判定一発陥落。
その人曰く「不死鳥使えねーなw」とのことでした。
ただし、本弾を全弾凌ぎ切ったところで加勢が剥がれて予備の速度兵器に破壊されて陥落、というケースもあるので、全く意味がないわけではないと思います。
それを踏まえても、不死鳥はわざわざ移植する程のスキルではないと僕は考えます。
一方、新極宗滴様の常勝の采配は、狙う価値はあると思います。
一休さんの場合はあくまでも防天氏政を活かすための最強加勢部隊作りですよね?
言い換えれば盟主戦・東西戦用の加勢部隊作りということになります。
だったら常勝は出来れば付けた方がいいです。
盟主加勢100武将の場合でも、盟主本隊の20武将を入れれば最低でも120武将になるので一文銭よりも強いです。直接配置部隊込みならなおさら。
ましてや東西戦では常勝の方が圧倒的に強い。
もちろん、無理してまで背伸びして銅銭及びリアルマネーを浪費するくらいなら空蝉・一文銭で十分だとは思います。
結論を言えば、一休さんが本気で、つまり多少の出費は覚悟の上で氏政を活かせる部隊を作りたいのなら常勝+空蝉or一文銭。
そこまでの思い入れがないのであれば空蝉+一文銭がいいのではと思います。
もちろん本気で最強を目指すなら常勝よりももっと上のスキルを狙うことになりますが、さすがの一休さんでも無理ですよね…。
長文失礼しました。あくまでも僕個人の見解ですので、悪しからず。

とあるブロガー

不死鳥は一部の廃同盟御用達ってことなんでしょうねぇ
配置部少数に関しては14章からは役職者の直接配置もあるので、さらに増えることになると思います。
いよいよ石田系模倣vs氏政系の戦いですなぁ
自分みたいな一般人はいてもいなくてもあまり変わらなそうですw

まぁ自分なら盟主戦以外でも同盟員加勢で使いやすい空蝉&一文銭派ですね
不死鳥だと期待値は空蝉の半分程度ですし

なつ

例えば不死鳥がついた部隊を東西戦の砦に潜らせるとします。
その部隊はダメージ軽減効果のおかげで他の加勢部隊がHP0になっても砦に残りますね。
しかし、裏を返せばその砦に生き残るのは不死鳥が付いたごくごく少ない部隊のみとなります。
それらの部隊のみで10合流以上に対抗出来るでしょうか??

不死鳥を活かすには、ほぼ加勢全部隊にダメージ軽減効果のあるスキルをつける必要があると思われます。

ちゅる

壊れたバランスに無理してついていく必要なんてないですよ。
盟主戦前の陣攻防楽しんで数本耐えて陥落で良いと思いますよ。
プラチナ勘助は絵が不気味ですがカッコいいですよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA