戦国武将と歴史をエンタメ!

SENGOKU!JAPAN(戦国ジャパン)

クジ報告

天様2枚合成の前に天上クジ勝負! 銀クジと共に……

更新日:

テレ東はなぜ人気なのか?

国政選挙や皇室関連のニュースでNHKからテレ朝まで民法全局が速報を放送していても、頑なにアニメやドラマを流していたりして、何かと話題な独自の姿勢。番組の制作スタイルにもその傾向は現れており、同局では昔から

「カネがないからタレントは使わない、というか使えない」

「企画で勝負するしかない」

「ディレクターが自分でカメラを持って出かける」

こんなスタンスで番組制作を進めていたようです。

【参考記事】フジも見習え!”予算なし人気芸能人なし”テレ東の自虐的企画力

スポンサーリンク

上記は2014年の記事ですが、テレ東独自のスタイルは数年前から確実に視聴者にも受け入れられており、しかも視聴率という数字でも結果がついてきているんすよね。

この現象、よく考えてみれば至極単純なことです。
ネット利用者の増加によってテレビを見る人が減り、たとえテレビを見るにしたって、独特のフックがないとチャンネルが落ち着かない。そこでテレ東の独自スタンスが受け入れられたのでしょう。

先日、『ダウンタウンなう』で小栗旬さんと松っちゃんがテレビに対する危機感を露わにしておりましたが、いや、ほんとマジなんすよね。今の子供達は驚くほどにYoutubeを見ている。オッサン世代には違和感でしかないレベルで見まくっている。要はテレビを見てない。

テレビがあるからこそYoutubeの企画も受けるんじゃないの?
とも思っていたのですが、それこそオッサンの肌感覚でオワコンだったんすね、私も(´・ω・`)
知人の広告代理店さんに聞くと、ヒカキンレベルに到達していないユーチューバーでも(でも、そこそこはファンがいる)、次々と広告費が投下されているのであります。

タレントを使わず素人(というか素人目線)で番組を作る。それこそテレ東のスタンスなんすよねぇ。そりゃYoutubeの人気が出るわけです。

つーことで、番組制作、というかコンテンツ制作に興味のある方は、ちょいと古いけど、この本オススメかもしれません。私もまだ読んでませんが、先程、注文しておきました( ^ω^)

あっ、そうだ。
『テレビが異常だなぁ』と思える極地が、先日、浜崎あゆみさんが登場した『今夜くらべてみました』。
大まかな情報はエキサイトニュースをご参照いただきたいですが、まぁ、あゆさんがお寒いことハンパじゃなかったっす。

同様の社会現象を巻き起こし、今も第一線で何だかカッコよすぎる安室奈美恵との差は一体何なんすかね。
プロ意識?
大事なのは豪華なセレブ生活とかそういうことじゃない、と。

あゆさんは、いずれ小室哲哉みたいになりそうです……。

 

さて、毎度ながらようやく本題へ。

本日で合戦が終了。個人的には【天上クジ】が引ける!というドキドキのシチュエーションでして。

以下のように

天様の合成素材や

質実剛健セットが手元にあり、【天下クジ】を待ちに待っておりました。

誰に何をどう捧げようか。
いや、もう楽しみで楽しみでならんのです( ^ω^)

しかし、そう考えたら居ても立ってもいられず、天上クジを引く前に銀クジ6枚やっちまいましたので報告します。
天上クジはその後で。

というか、アレっすね。今は【極選クジ】を一度でも引いてみたい、というのがモチベーションになってますね。天様の2枚合成と、極選クジが終わったらどうなってしまうんだろう……という一抹の不安んは目を瞑って、銀クジプッシュ!

BGMはビートルズの『A Hard Day's Night』を私の空耳で!

ミュージック、スタート!( ^ω^)

 

じゃーん!

逸見な♪

歯~出~ずないっ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛なぶ魚金♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ライカどう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逸見な♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯~出~ずないっ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哀愁日 シッピン♪

 

 

 

 

 

 

極選クジまであと約18000!

スポンサーリンク

お次は天上クジやぁあああああああああああああ!

 

次のページへ >

-クジ報告

Copyright© SENGOKU!JAPAN(戦国ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.