大内義長とは:陶の謀略で大内当主となるも毛利に滅ぼされ

中国~九州地方の有力一族である【大友氏】と【大内氏】の血を引いた大内義長

陶晴賢の謀略により大内氏第17代当主となるも、程なくして、晴賢が厳島の戦い(1551年)で敗死し、以降は毛利元就の侵攻を受け続ける。

毛利氏に対して抵抗を続けるも、力尽きて1557年に自害へ。
生年不明のため享年も不明。

【大内義長の基本DATA】

◆生没年:不明-1557

◆父:大友義鑑おおともよしあき

◆母:大内義隆おおうちよしたかの姉

◆兄:大友義鎮おおともよししげ大友宗麟おおともそうりん

◆主君:――

◆地位:大内氏17代当主

◆活動エリア:中国九州地方

【大内義長の生涯】

大内義長は生年不明ながら、中国九州地方で随一の有力一族である【大友氏】と【大内氏】の間に生まれた。

父は大友義鑑、母が大内義隆の姉。
後の大友氏宗主・大友義鎮(大友宗麟)は実兄となる。

1544年頃、当時、中国地方で最大の勢力を誇った大内義隆の猶子へ。
大内義隆は、義長にとっては叔父にあたり、大内氏の跡を継ぐ資格もあったが、その翌年の1545年、義隆に嫡子・大内義尊おおうちよしたかが生まれ、その可能性は一気に低くなる。

非常に微妙な立場に置かれた義長。
そこで利害が一致したのが、大内氏の重臣・陶晴賢だった。

義長を大内氏の新たな当主に据える――大友義鎮(大友宗麟)に対してその了承と取り付けた晴賢は1551年、クーデターを実行。
大内義隆を大寧寺で自害に追い込み、跡取りの大内義尊を殺害した。

かくして大内氏第17代当主となった義長だが、その時代は長くは続かない。

1555年厳島の戦いで毛利元就の奇襲を受けた陶晴賢が死亡すると、以降は大内氏の家勢も一気に落ち、毛利氏の侵攻を受けるようになる。
このとき毛利で大活躍したのが元就の次男・吉川元春、三男・小早川隆景だった。

そして1557年2月。
毛利氏の侵攻により本拠地・山口を追われた義長は、同年4月2日、長門国の長福寺で自害し、その翌日には義隆の息子・義尊も討たれ、大内氏は名実ともに滅びた。

【大内義長の主な戦】

大寧寺の変(1551年)
・厳島の戦い(1555年)
・毛利との覇権争い(1555~1557年)

【関係の深い武将】

・大友義鑑
・大友義鎮(大友宗麟)
・大内義隆
・大内義尊
・陶晴賢
・毛利元就
・吉川元春
・小早川隆景

【関連記事】

大寧寺の変とは:1551年中国地方最大の下剋上とも呼ばれ

文:五十嵐利休

参考文献

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA